学歴がすべてであるとは考えてはいないものの、大学受験対策をし難関私大を卒業すればそれだけ将来の選択肢が増えるのではないかと考え、その受験対策として中学生の内からなるべく意識の高い環境で学習ができる場を求め、中学受験ををすることにしました。

そして中学の受験対策のために早稲田大学や慶應大学を目指す進学塾に通わせたり家庭学習をさせたりと、生活時間の大半を勉強に割く生活を始めたのですが、大切なのは目の前の中学受験だけを意識した学習ではなく、将来的に医学部にむけて難関私大に通うことを意識した受験対策勉強でした。

土台を構築

受験対策となりますとどうしても志望校が出題する問題の傾向と対策を無難に行なってしまいがちではありますが、それでは本当に必要な基礎学力が身に着かないのではないかと危惧をしました。難関私大を目指すのであれば、しっかりとした慶應大学等の受験対策の基礎学習という土台を構築した上で応用力を得て、どのような問題にも対処できる能力が必要だと考えたためです。そのために受験対策は基礎を見直し、応用力を身に着けられるように意識しました。