家庭教師をしたこともある、私の思い込みが、娘の難関私大合格に向けての受験対策に迷いを与えてしまったのではないかと思い、娘に対して申し訳ない気持ちで一杯であります。私の子供のころと今とでは、全く時代も変わっており、何よりも難関私大の受験風景も変わっていることを私自身が良く理解することができなかったために、娘の受験対策に遅れをもたらしてしまったことに後悔しています。
しかしながら、娘自身の努力が奏功し、目標を達成できたことについては、娘の頑張りに感謝したい気持ちで一杯です。グローバル社会が声高に叫ばれている昨今では、出身大学の名前は関係ないといいながらも、実際には、やはり有名大学を卒業していないことによって、将来に不安を残すよりも、難関私大の受験対策をきちんとしておくことによって得られるメリットのほうが大きいと考えたのです。娘の通う学校では、幸いなことにいじめや不登校の問題はないといわれていますが、今後とも親として最善を尽くしてあげたいと思います。